『ユーカリの木陰で里の行』


ブログ『ユーカリの木陰で里の行』

本や執筆、チベット密教やスピリチュアルな話、家族や愛犬、メルボルンの暮らしなんかをゆぅらりと綴っています

 

▶ 楽天ブログ<マックあつこのブログ>へ

 




サカダワNyung Nye―チベット密教浄化のリトリート

2019年9月4、6日の日記から


 

3か月程前の話になってしまうけど、チベット歴でサカダワ―修行の吉月6月の7日から、地元のチベット仏教寺院の3泊4日ニュンネ・リトリートに参加してきた。

ニュンネとは、断食、断飲、無言の行なんて戒律の下で千手観音に帰依して五体投地や観想、真言詠唱などを行うパワフルな浄化のタントラ行。

 

2013年に初めて参加してから(⇒2013年10月21日の日記「ニュンネ明けのチャイ」に)、そろそろ10回目。

思い返せば初めてのころは断食、断飲というシチュエーション自体に緊張しまくって眠れない・・・とか焦っていたものだったけど(ちなみに2度目のニュンネは⇒2014年3月16日の日記「ニュンネの夜に満月を仰ぎ」、10回目ともなれば心にも余裕。

しかもサカダワ月とあって功徳倍増。

ドラマチックなリトリートを期待して臨んだのですが、なんというかちょっと不思議なニュンネになって…。

そのときのことを少し。

 

今回の参加者は意外に少なくて15人ほど。

前回同様、月に一度子どもたちのダーマクラブという仏教教室が開かれる、倉庫を改装したような部屋を5人でシェアした。

マットレスを五つも置いたらもうほとんど床は見えないという空間ではあったけど、仏像やタンカがそこかしこに飾られているのが、嬉しい。

ニュンネ中は霊的に過敏になって霊現象にも見舞われやすくなってしまうので、これくらい周りにアイコンがある方が心強いのよ。

5人のメンバーの顔触れはもうお馴染みのニュンネ仲間だし、何を案じる必要などあろうか?ですよね。

 

と余裕綽々で始めたニュンネだったけど、やはり土曜の夜ともなると雲行きが怪しくなってくる。

正午から断食が始まっているうえに、床に就いてからは水も飲めなくなってしまうので神経質になってくるせいか、寝袋に潜り込むや激しい喉の痛みに襲われた。

 ♪懐かしい痛みだわ~

2年ぶりに体験した刺すような痛み…。

  

実はこういう痛みを最後に体験したのは2年前のニュンネだった。

 

昔、煙草を吸っていたことがあるせいか、止めてからも就寝前や瞑想をしているときなどに猛烈に喉が痛くなることがあったのだけれども、とりわけニュンネ中は酷かった。

 

それが2年前のニュンネのこと―

 

 

最後の夜に喉がまたとてつもなく痛くなったのだった。

切り裂かれるような痛みに、もう藁にも縋る思いで自分レイキをしていたら、喉の奥から何かが逆流してきて吐きそうになった。

それはニコチンじみた味がして、脳裏にでかでかと「Poison」という言葉が見えた。

 

その後、喉の痛みは収まったのだけど、翌日ニュンネを終えてからが問題だった。

お昼ごろ口の中、口蓋に水泡ができた。

何だろう?と思っていたら見る間に膨れて広がって、夜には口蓋全体が水疱疹で覆われていた。

 

ニュンネ明けの数時間で起きたことなので、浄化なのかも・・・と思ってはいたけれど、GP(と呼ばれるオーストラリアの一般医)に診てもらって、遂には専門医にまで見てもらう羽目になったのだった。

結局、原因が判らず治療もしなかったのだけど、いつの間にか治っていた。

 

以来、不思議なことに、つーか、やっぱりのニュンネ効果か、普段の生活でも喉が痛くなるということは無くなったのだった。

 

さすがにその次のニュンネでは再発の不安に怯えたけど(⇒2017年5月29日の日記「Nyung Nye浄化のリトリート」に)、全く何の問題も起きなかった。

だからてっきりそれで自分の喉に関する負のカルマは浄化されたのだろうと思っていた・・・。

 

それが、ほんと~に久しぶりに体験した喉の激痛で…。

あまりに久しぶりなので対応の仕方さえ忘れていた。

とにかく、いちおー霊気マスターだし・・・と自分レイキをしてみたのだけれども、今一つ効かなかった。

 

これから一滴の水も飲めなくなるというのに・・・。

これではとても続けられそうにない・・・。

かといって、諦めて荷物をまとめて帰るのも・・・。

 

ニュンネは、神仏との絆を深めるための行でもある。

もう自分レイキとか独りマッサージとか、自分で何とかしようとするのは諦めて、神仏にひたすら祈ることにした。

つーか、宣言した。

 

自分は今回のニュンネを、健康上の理由から参加できなかった夫や子どもたち、益々具合の悪そうな両親のためにも、どうしてもやり遂げたいと思っている。

だけどこの喉で断飲はとても無理だから何とか助けてほしい、と千手観音と薬師如来をイメージして語り掛け、それぞれのマントラを唱えたのだった。

 

すると、す~っと痛みは引いていったのだった。

ほら、痛みは取ってあげたから精進しなさい、とでもいうように(笑、でもマジ)。

それからは眠りの渦に引きずり込まれるように眠ってしまった。

 

 

夜中に誰かの声で目が覚めた。

一瞬、自分がどこにいるのかわからなかった。

 

薄闇の中、悲鳴のような怯えた声に、自分が今どこにいるのか、何をしているのかを思い出そうとした。

何度もニュンネをしたけれど、こんなことは初めてだった。

夢を見ていたのでも霊現象でもない。

ここはダーマクラブで、自分はニュンネをしているのだと気がついたとき、声の主がAさんであることに気がついた。

 

寝言のようだった。

英語だし、早口で、よく聞き取れなかったのだけれども、助けを求めるような、何か恐ろしげな寝言で…。

既に無言の行も始まっていたので、声をかけようか迷っていたら静かになった。

他の人たちが気づいたのかどうかもわからない。

結局その夜は、Aさんの悲鳴のような寝言で何度か目が覚めたのだった。

 

 

もう一つ、奇妙なことが・・・。

何かの気配に目覚めると、薄闇にBさんが立っていた。

私の傍らではなくてCさんの枕元に立って、彼女の寝顔をじぃ~っと覗き込んでいたのだった。

何をしているんだろう?と見ていたら、そのうち自分のベッドに戻っていった。

 

けれどしばらくするとまた戻ってきて、Cさんの枕元に立った。

そうして直立不動で、彼女の寝顔をなぜだかじぃ~と見下ろしているのだ。

だけど暫くするとまた自分のベッドに戻ってゆく。

Bさんはそんな行動を土曜日と日曜日の夜中にかけて数回とった。

 

???

いったい、なぜ?

 

Bさんはニュンネ古株なので私も何度か同室になったことがあったし、前回などBさんともCさんとも部屋は一緒だったけど、こんなことは初めてだった。

二人の間に何かトラブルでもあったのだろーか?

まったくもって謎の行動ではあった。

 

 

日曜の行も早朝5時から始まった。

始まってから1時間ほど経ったころ、経典を詠唱していたAさんが突然、意識を失って倒れた。

2、3分で意識は戻ったけど、医療関係の仕事をしている参加者が救急車を呼んでいた。

本人は大丈夫だからこのまま続けたいと言っていたけれど、きちんと検査をしてもらった方がいいからと救急隊員や皆に言われて病院に運ばれていった。

 

瞳を潤ませ手を振るAさんを見送りながら、昨夜の寝言が思い出された。

昨日、一緒にお茶をしたときに、なんだか悲しいのだと彼女が突然泣き出したことも。

 

もしかすると、Aさんにはこうなることがわかっていたのだろうか???

倒れてしまう前に、何かできることが自分にもあったのかも・・・。

たとえばあのときもっと話を聞いていれば、防げたのか・・・?

 

心配すればキリがなかったけれど、とにかく彼女は医療関係者に見守られて安全な場所にいるのだから大丈夫だとは思った。

それに浄化のタントラ行であるニュンネでは、浄化すべき、もしくはそのとき浄化できる用意のできた負のカルマが表に出てくると言われているから、何かカルマの浄化と関係あるのかもしれない。

ニュンネ中に病の因が浄化されることもあるというし。

昨夜は久しぶりに傷んだけど、私の喉もそうだったし・・・。

 

頭の中には「不幸中の幸い」という言葉も浮かんでいた。

彼女はメルボルンから車で1時間ほどの農場で一人暮らしをしている。

もしも家にいるときにこんな発作が起きていたら…それこそ大変なことになってしまっただろう。

発見が遅れたら命に関わるような事態にもなりかねないし。

まんいち健康に何か問題があるなら今きちんと検査してもらった方が安心じゃないか、と・・・。

 

とはいえ、リトリート中に誰かが倒れたのは私が知っている限りでは初めてだったので、皆さん動揺しているようだった。

皆でAさんの回復を祈り、ニュンネを再開した。

 

Aさんがニュンネを続けたがっていたから、私は彼女と一緒に行をしているとイメージしながらやった。

チベット密教では自分の左側に女性、右側に男性をイメージして行をすることが多い。

左側に自分の娘と母とHさん、右側に息子と夫と父が一緒に五体投地をしているとイメージしながら続けた。

彼らのためにと思えば行をする意味がより明確になって気力が湧いてくるだけでなく、自分と同じ動作で皆が一斉にやっているさまを思い描くと、どこかユーモラスで楽しく、筋肉痛と疲労感も和らぐような・・・。

 

 


日曜は2時間半ほどのセッションが早朝5時から4回続く。

断食断飲をしているせいもあって、午後のセッションともなるとかなり疲弊してくる。

観想や瞑想、真言詠唱なんかはまだしも、屈伸運動で筋肉痛に拍車がかかってしまう体育会系の五体投地は諦めて、ゴンパの端に並んだ椅子に腰を下ろして、もっぱら精神行に集中したくなってくる。

 

もうこれ以上はとても無理だとカウチに腰を下ろしてしまった行者さんたちのなかに、派手なミュージシャン風男性がいるのに気がついた。

ハンサムな長髪の、昔のロックミュージシャンを思わせる容貌で、黙々と行を続ける地味~な行者たちのなかで異色のオーラを放っていた。

 

こんな人、いた?

今日のこのセッションだけ参加することにしたのかな?

 

だけどよく見ると、ダーマクラブで同室のBさんだった。

彼女は40代半ばの白人女性なのだけど、なぜだか派手目の若くてハンサムな男性に見えるのだ。

そのうち、ハンサムなロックスターが中世のイタリア、しかもミラノ辺りのジゴロに見えてきた。

 

Bさんといえば、昨夜は寝ているCさんの枕元に立って、奇妙なストーカー行為(?)をしていたのだった。

前夜のBさんも変だったけれど、その日の行動も奇妙だった。

おもむろにカウチから立ち上がり、千手観音のタンカの前で合掌を始めたのだけど、ふつ~の合掌でなく、観音様に投げキスでも送るかのような奇妙な仕草でタンカを見上げているのだ。

あたかもロミオのジュリエットへの求愛? 

観音様に求愛でもするかのように祈る姿は妖艶で、もはや私には100%女たらしのイタリアンジゴロにしか見えなかった(すみません、Bさん・・・)。

 

 

ニュンネ中に顔つきが変わった人を見たのは今回が初めてではなかった。

数年前にニュンネをしたときのこと、向かいに座ったDさんの顔が全く別人に見えてきたのだ。

アラフィーの白人美人なのに、なぜかその日は東洋人の顔に見えた。

 

あれ、この人ってこんな顔してたっけ?

 

いつの間にかDさんは、髪をひっつめ着物を着た日本女性(と私には思えた)になっていた。

しかも江戸時代に芸者さんとか女郎屋さんとか遊郭の類を仕切っていたような、おかみさん。

かなり強欲で手ごわそうな、和装のおかみさんが目の前でニュンネ行をしている!?のだ。

 

実際はジーンズにセーターという出立ちだったのに、そのセッションの間中、油断すると和服姿になってしまった。

服の方は意識すると戻るのだけど、顔はずっと東洋のごうつく婆さん顔だった(すみません、Dさん・・・)。

あれは土曜の2度目のセッションで、まだ絶食も始まってなかったし、大して疲れてもいないのに、なんでこんなふうに見えるんだろう?と不思議に思ったものだ。

 

それからかなり後になって、当時の彼女が夫の女性問題で悩んでいたことを知ったのだった。

もしかするとあのときは、なにか前世でつくってしまった負のカルマ(遊郭で女将さん役を務めた前世とか???)を浄化していたのかもしれないなぁ、と後になって夢想した。

 

ちなみに現在の彼女は乗り越えたひとの自信と優しさでパワーアップして、生き生きと光り輝いていて羨ましいほどです。

  

 

ニュンネではそのとき浄化する用意のできた負のカルマが出てくるというし、もしかしたらBさんも・・・中世のイタリア辺りでつくってしまったジゴロ時代のカルマを浄化していた・・・とか?

そういえば、あのときダーマクラブの部屋で若い女性といえばIさんだけだったし、もしかしてジゴロBさんはIさんのことを狙っていた?とか??

いやいやいやいや、あまりに邪推で、すみません。。。

誤解なきよう付け足しておくと、Bさんは仲良しのご主人と娘さんに恵まれた既婚者デス。

 

そんなことより、じゃあ、自分は?

今回のニュンネで何かカルマを少しでも浄化できたのだろうか?

他の人の目に自分はどんなふうに映っていたのだろう?

なにか違う姿の私が見えていた人もいたのかナ?

 

 

顔が変わったというのではなかったけれど、消えてビックリしたとメリリンから言われたことがあった。

昔、金曜のガイダンスのとき、向かいに座った私の身体がわずかに宙に浮いたと思ったら、半透明になって消えてしまったんだそうだ。

メリリンも初めは目の錯覚かと思ったそうだけど、その後もガイダンスを受けている他の参加者たちのなかで、なぜか私の姿だけが細かい粒子になって・・・。

そのうち粒子が希薄になって半透明になって、そのまま消えてしまったり、忽然とまた現れたり、消えたり―

 

「あんなの初めて! ビックリした! 何かあったの?」

と聞かれたけれど、本人に自覚症状はなかったのでわからない。

 

いったい私はその間どこかに行っていたんだろうか?

あれは2017年の3月、病気の後に久~しぶりに参加できたニュンネだった。

参加したくてしたくてやっと叶ったニュンネだったので嬉しくて、今回はどんなカルマを浄化しようかとか、幽体離脱して守護霊様にでも相談に行っていたのかもしれないナ(笑)。

 

 

最後のセッションは月曜日の早朝(つーか、まだ深夜ですね)3時からだった。

断食断飲、行三昧で疲れた体に鞭打って、2時前に起きて身支度を整えて、コートヤードに出てみた。

冬の夜空の下で瞑想したかった。

凛とした空気が心地良く―

終わりが見えてくると、どこからともなく力は湧いてくるものだ。

 

それでも筋肉痛にくわえて頭痛や目眩や立ち眩みがしていたから、最後の五体投地を終えたときにはホッとした。

やっと頂いたチャイもココナッツウォーターも、身も心も躍り出してしまうほど美味しかった(小躍りではなく情熱のフラミンゴ踊りね)。

最後に参加者全員でリトリートの功徳を一斉衆生に廻向し、とりわけAさんの速やかな回復を祈って終ったのだった。

 

 

ニュンネの後はほんと何を頂いても美味しいの。

最後に食べたのは一昨日の午前中であるから自然、食べることにも力が入る。

トーストやシリアル、ポリッジなんて炭水化物三昧の朝食を楽しみながらニュンネ体験をシェアした。

 

Bさんとも話したのだけど、あまりに清々しい気分で、就寝時のストーカーもどきの行動はなぜ?とか実はジゴロに見えていたとか、そんな話をする気にはなれなかった。

彼女の方も溌剌として、当たり前のことだけどハンサムなロックミュージシャンにもイタリアのジゴロにも見えなかったし。

彼女はポリッジを頬張りながら「今回のニュンネは前回に比べてずっと楽だった」と笑っていた。

 

そう言えば彼女は前回、ものすご~く体調が悪そうだったのだ。

そこにいるだけで精一杯という感じで、ゴンパでは毛布を頭から被ってカウチでひたすらヘタっていた。

毛布を頭から被って足を引きずるようによたよた歩く姿は、背中も「く」の字型に曲がっていたし、「ノートルダムの背むし男」みたいだった。

このひと、このまま続けて大丈夫かしら?と心配していたのは私だけではないはずだ。

 

それが最後のセッションが終わるや途端に背筋もシャキッとして、頬に赤みも戻って顔色も良くなって・・・。

あたかも二つ三つのカルマを一掃してしまったかのような波動の高いエネルギーを漲らせていたのだった。

 

ニュンネでは毎回、全く違ったチャレンジがやって来るから何度やっても慣れてきてもう大丈夫ってことはない。

やるたびに違うニュンネになるのだと、ニュンネ熟練者たちから聞いたことがあるけれど、本当にそうだと思う。

 

あのとき彼女はどんなカルマを浄化したのかナ?

そして今回は?

私は・・・?

 

思えばAさんもBさんもDさんもニュンネ歴2、30回の熟練行者さんたちだ。

 

私程度じゃ、そんな大物カルマや前世は浄化できないのだろうけど・・・

 

 

朝食の後にキム姉から思いもかけない贈り物があった。

たくさんもらったからと、ダライラマ法王が祈祷されたマニピルを全員に配り始めたのだ!?

 

マニピルとは真言薬とも呼ばれる、マニ真言の一億回念誦によって加持された小さな丸薬、秘薬である。

 

昔ニュンネ明けの朝食でM僧が法王のマニピルをみんなに贈ってくれたことがあったっけ。

あのときは頂いた3粒のマニピルを家族4人で上手に分ける方法なぁんてことをメリリンと談笑したのだった。

 

3粒でも有難かったのにキム姉は20粒くらいずつ皆に配ってくれた。

そのうえ夫のことを話したら彼の分まで!?

キム姉、どうもありがとう!

 

このサプライズギフトは、私にとって特別に意味のあることだった。

 

今回のニュンネは家族のためにやろうと決めていて、土曜の夜など喉の激痛に見舞われたとき、わざわざそれを神仏に宣言して助けを頼んだのだった。

そうしてニュンネ明けに家族の分まで法王のマニピルを頂いた。

それが、必要なサポートは与えられるのだから大丈夫だと、天からの励ましのような気がしたから。

 

それに「His Holiness Dalai Lama is my Guru」と宣言する夢(⇒6月15日の日記「サカダワ入り前に、ダライラマ法王の夢」に)を見た2週間後のサカダワ・ニュンネで、法王のマニピルを頂いたのだから。

法王の夢見で明け、マニピルで結んだ今年のサカダワ。

なんて縁起が良いんでしょ!

 

Yeah,

REJOICE!

喜びながらの精進は仏行の基本ですものね。

今回もできて良かった。ありがたいことデス。

 

そうそう、キム姉は前日に倒れて続けられなかったAさんの分もマニピルを用意してくれていました。

あれから3か月近く経ちましたが、Aさんは普通に元気デス。

結局これといった問題は見つからなかったそうで、次回のニュンネを楽しみにしているとのことでした。

 

 




© Ako Mak 2018

All copyright is reserved by Ako Mak, マックあつこ